menu 無料でWeb招待状をつくる
利用者数 No.1

累計400万人のゲストが利用している
Web招待状サービス

※Web招待状の利用状況調査/20〜39歳女性1,373人対象(自社調べ)

無料でWeb招待状をつくる 無料でWeb招待状をつくる
It's Easy!

すべての作業がスマホで
カンタンに。

LINE、SNS、メール...
結婚式、1.5次会や二次会のご案内を
いつもの方法で気軽に送れて、出欠管理も。

right arrow
作成 無料!
flow image 1
STEP 01

パーティー情報を入力

日時や場所など、指定の項目に入力するだけでWeb招待状が完成。豊富なデザインテンプレートからお好きなデザインを選びましょう。

right arrow
flow image 2
STEP 02

Web招待状をゲストにご案内

LINE、SNS、メールなど、いつもの連絡方法でゲストにWeb招待状をご案内。ゲストはスマホからすぐに出欠の回答ができます。

flow image 3
STEP 03

ゲストの出欠状況を確認

ゲストが回答した出欠情報はスマホで簡単に確認できます。データはダウンロードして、年賀状の住所録などにも使えます。

sample_1 sample_2 sample_3 sample_4 sample_5 sample_6 sample_7 sample_8 sample_9 sample_10
DESIGN

おしゃれでかわいい
デザイン招待状

テンプレートから選択するだけで、簡単にお好みのデザインに変更することができます。

サンプルを確認する
FEATURE

パーティー開催のための便利な機能

  • LINE,SNS,メールで招待状をご案内
  • ゲストの出欠や住所などを管理
  • 出欠データのダウンロード
  • デザインのカスタマイズ
  • お好きな画像や動画をアップロード
  • 動画付き招待状
  • ゲスト回答項目の変更
  • 自動返信メールのカスタマイズ
  • 招待状の案内文テンプレート
  • 会場住所のGoogleマップ連携
  • 会費の事前クレジットカード払い
  • 合言葉による招待状の閲覧制限※
  • ゲスト毎に招待状を複数作成※
  • ゲストへメールを一括送信※

※ プレミアムプランのみ


会費集めもスマホでカンタン

「事前クレカ払い」で
当日の受付もスムーズに。

ゲストが会費を事前にクレジットカードで支払えるサービスです。 パーティーの開催日より前に会費を受け取ることもできるので、当日はお金の心配をせずに思う存分パーティーを楽しめます。


INTERVIEW
・ゲスト・

ポストよりもスマホに届くのが
当たり前になってきたかもしれない。

“特別感”が伝わる

普段通りのやりとりの中で受け取れるから、
私にはちょうどよい気軽さ。

披露宴の案内は式場側でまとめてやってくれるからだとは思いますが、紙の招待状で届くことが多いですよね。 でも、1.5次会や2次会は、最近Web招待状で届くことが多くなってきたと思います。 仲の良い友だちだとLINEで直接「この日来れる?」「うん、行けるよ!」みたいな、待ち合わせ感覚で出欠の確認をされたこともありました。笑
InstagramやLINEのメッセージだけだと、“特別感”に欠けてしまうのでWeddingdayのWeb招待状がメッセージに添えられていると友だち夫婦らしさや想いがより伝わってきます。

紙の招待状はいつもお作法を調べるのがストレス。

紙の招待状はとてもフォーマルな印象があるので記入するとき、「これで正解なのかな?」と、いつもお作法が気になります。Weddingdayの招待状は質問に沿ってスマホで回答するだけなのでストレスがないところがいい。 あと、式当日は衣装に合わせてよくクラッチバックを利用するのですが、小柄なデザインなこともあり、紙の招待状が入らないケースも。Web招待状はスマホを持っていれば当日の場所や開始時間などをいつでも確認できるのですごく便利です。

・幹事・

式の準備から当日の運営をよりスムーズにするWeddingday活用術。

150名規模の1.5次会にて利用

新郎新婦と幹事が頻繁に会わなくても出欠席管理リストができる

会場予算が参加者数によって大幅に変わるため、出欠席の管理はとても重要です。
新郎新婦にだけ出欠席の返事が送られてしまうなど、出席者が漏れるシーンが多々あります。
そのため、Weddingday内で1つの出欠席リストを新郎新婦と共同編集して管理することで漏れをすぐ発見できるようにしました。
Web上で完結できるので出欠席管理のためだけに、わざわざ打ち合わせすることがなくりました。

受付の混雑を解消するコツは、会費集めを事前クレジットカード払いに

前回、幹事を担当した式では、会場の受付が大変でした。
参加者が150名規模だったこともあり、参加者をチェックして、入場してもらうだけでも大仕事。
受付が進まないと式自体の開始が遅れてしまう可能性もあるので、すごく気をつかいました。
受付業務は「名前を伺い、会費を受け取る」の2つなので、これらを効率的にするために工夫した点として、参加者リストの名前をあいうえお順に並び替えて用意したり、会費はWeddingdayの事前クレジットカード払いを利用することで、開催日より前に会費を集め、当日は名前を伺うだけの状況にしました。
当日の参加者のうち、3割が事前決済してくれるだけでも受付担当の負担が大分減るのでオススメですね。

・新郎新婦・

Web招待状が結婚式の
「タノシイ!」を増やす

もらった人が「嬉しい」と思えるデザイン

専門知識がなくても、わたしだけの「カワイイ!」でオリジナルの招待状が作れる

結婚式はやらないといけないことが多い。
でもせっかくの晴れ舞台!招待状ひとつでもこだわりたいですよね。お気に入りの写真を使ったり、もらった人が「嬉しい」と思ってくれるようなデザインにしたい。でも、私はデザインをやったことがありませんでした。
Weddingdayはテンプレートからデザインを選んで、写真を入れていくだけ。カンタンにWeb招待状が作れました。
使おうと思った決め手は、テンプレートを見て「カワイイ!」と思ったからでした。デザインをやったことがなくても「カワイイ!」って感覚だけでオリジナルの招待状が作れたんです。

Web招待状なら探したりまとめたりの時間を、
「タノシイ!」に使える

招待状って当日になって探すことありませんか?場所や時間が書いてあるけど見つからない!私も焦ったことがあります(笑)。
招待状がメールやLINEならすぐなくしちゃう心配が減りますよね。あと、なくしたときもすぐに送れますし(笑)。
これが全部スマートフォン上でできたんです。お互い仕事をしていたから、時間がない中で準備をしないといけない。仕事の合間や移動中にスマートフォンで招待状の作成から送付、集計までできたんです。
お互い意見が食い違って喧嘩しちゃうこともあったんですが、Weddingdayのおかげで結婚式の「タノシイ!」部分を考える時間が増えました。

PRICE
FREE

フリープラン


無料 Free


招待状の個数

1

利用期間

120


  • ゲストの回答数無制限
  • 回答項目カスタマイズ
  • 自動返信メール変更
  • 招待状デザイン追加(一部)
  • 出欠一覧ダウンロード(5回)
  • カンタン会費支払い
PREMIUM

プレミアムプラン


1,980 yen


招待状の個数

5

利用期間

無制限


  • ゲストの回答数無制限
  • 回答項目カスタマイズ
  • 自動返信メール変更
  • 招待状デザイン追加(無制限)
  • 出欠一覧ダウンロード(無制限)
  • カンタン会費支払い
  • 合言葉による閲覧権限

FAQ

よくあるご質問

Weddingdayはどのようなサービスですか?
Weddingdayは、結婚式、1.5次会や二次会の「Web招待状」を作成できるサービスです。日時や場所など、あらかじめ用意された項目にご入力いただくだけで、簡単に「Web招待状」が完成します。ゲストへのお知らせは招待状のURLをメールやLINEなどでお送りください。URLを受け取ったゲストは、Web上で出欠をご回答いただけます。
Weddingdayは有料ですか?
無料でご利用いただけます。またプレミアムプランにアップグレードしていただくと、より高度な機能もご利用いただけます。各プランの違いについてはコチラをご覧ください。
招待状のデザインや写真は変更できますか?
ご変更いただけます。デザインはログイン後に表示される管理画面の「デザインを変更」にて、お好きなデザインをお選びください。写真はお好きなものをアップロードしていただくことも可能です。ご利用いただける写真の規格についてはコチラをご覧ください。
ゲストの回答数に上限はありますか?
ゲストの回答数に上限はございません。
会費の事前クレジットカード払いは有料ですか?
クレジットカードで支払われた金額の5%を、お振込み時にシステム利用料としていただいております。(ゲスト側に手数料はかかりません)
 
【例】
会費7,000円がクレジットカードで支払われた場合、ゲストひとり当たりのシステム利用料は7,000円 × 5%=350円となり、お振込み金額は7,000 – 350=6,650円となります。
 
※当日払いを選ばれたゲストに関してはシステム利用料はかかりません。
 
振込手数料に関してはコチラをご確認ください。
MORE

メディア掲載

yahoo 朝日新聞デジタル LINE NEWS マイナビニュース