結婚式のプロフィールムービーはおしゃれに。テンプレートやコメント例をご紹介

2019.11.14

結婚式の出し物で欠かせない「プロフィールムービー」。

来てくれるゲストに二人の「これまで」と「これから」、そして感謝や決意を伝える大切な機会です。

今回は、そんなプロフィールムービーについての疑問にお応えします。

作品例などもご紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

そもそも、結婚式のプロフィールムービーとは?

結婚式に出席しているゲストに見てもらうムービーのことで、新郎新婦のこれまでの人生や2人の出会いなどを紹介するものです。

新郎新婦がどんな人なのか、2人がどんなカップルなのかを新郎新婦のどちらかをあまり知らない方にも共有できるのがメリット。

結婚式のオープニングやエンディングなどに流すことが多いようです。

【料金が安い順】結婚式のプロフィールムービーを作る手順

1. 自分たちでプロフィールムービーを作る【費用:0〜3万円程度】

プロフィールムービーを自作するメリット

結婚式を挙げるカップルのなかには、プロフィールムービーを自分たちで作る人たちもいます。

メリットは「コストを削減できること」と「自由に制作できること」。

当然ですが、自分たちでプロフィールムービーを作れば業者に依頼するよりも安く済むことがほとんどです。

また、映像の撮り直しや編集なども自由。

新郎新婦のどちらかが、動画制作に抵抗のないカップルはぜひ検討してみてください。

なお、結婚式のプロフィールムービーを自作する際のコストは編集ソフトやDVD代含め0〜3万円程度。

ただし、パソコンを持っていない方や、衣装、小道具などの購入を考えている方はもう少し高くなることも。

事前にプロフィールムービーに必要な備品をリストアップしておくのがおすすめです。

プロフィールムービーを自作するデメリット

自分たちで結婚式のプロフィールムービーを自作するデメリットは、まず手間がかかること。

素材を用意したり構図を決めたりするのはもちろん、編集作業をする必要があります。

そのほか、最低限の動画編集スキルや動画制作ソフトも必要。

ソフトのなかには、プロ並みの映像を作れるモノも売っていますが、指定された箇所に写真を入れ込むだけで簡単に動画を作れるソフトもあるのでぜひチェックしてみてください。

2. プロフィールムービーの作成を制作会社へ依頼する【費用:3〜10万円程度】

プロフィールムービーを制作会社へ依頼するメリット

プロフィールムービーを制作会社にお願いするメリットは、編集の手間が省けること。

自分たちは写真などの素材を用意したり、大体のイメージを提示したりすればいいので、忙しいカップルにはぴったり。

また、好き嫌いや業者のレベルによっても異なりますが、質の高いムービーに仕上げられるところも魅力です。

さらに、結婚式場にお願いするよりは安く済むことがほとんど。

そのほか、最近では「スキルを持った個人」と「スキルを必要としている人」を結びつけるクラウドソーシングのようなサービスもあります。

この場合も式場より安く済むことが多いので、気になる方は参考にしてみてください。

プロフィールムービーを制作会社へ依頼するデメリット

結婚式のプロフィールムービーを制作会社にお願いする際は、自分たちの希望に叶う会社を探すところからはじめる必要があります。

友人の紹介などがあれば別ですが、場合によっては制作会社探しに時間がかかることも。

また、基本的にはテンプレートの動画素材を利用するため、全て自分たちの思い通りにいかない可能性があることはデメリットです。

結婚式プロフィールムービーならナナイロウェディング

ナナイロウェディングは、おしゃれな結婚式のプロフィールムービーを最短7日で製作してくれる制作会社です。

現在、結婚式のWeb招待状サービスWeddigdayとのコラボキャンペーンで、特別価格から更に2,500円OFFになるキャンペーンを実施中!

キャンペーンのご参加方法は下記の公式サイト内にあるクーポンコードを入力し、注文を完了させればOKです。

3. 式場へ依頼する【費用:10〜20万円程度】

プロフィールムービーを式場へ依頼するメリット

結婚式場にプロフィールムービーの制作をお願いするときのメリットは、自分たちで制作会社を探す手間が省けること。

また、価格面も高い分、クオリティやスタッフの対応なども安心です。

予算面で余裕がある方は、式場にお願いするのが無難でしょう。

プロフィールムービーを式場へ依頼するデメリット

一方で、結婚式場にプロフィールムービーの制作をお願いすると、料金が高いというデメリットもあります。

安くても7万円程度、相場は10万円以上はするので、予め頭に入れておくのがおすすめです。

プロフィールムービーを作る際の構成例

1. オープニングタイトル
2. 新郎と新婦のプロフィール
3. 二人の出会い
4. 二人が出会ってからの思い出
5. ゲストへの感謝やこれからの決意などのメッセージ(エンディング)

【そのまま使える!】プロフィールムービーのコメント例

結婚式のプロフィールムービーにコメントを入れる際は「赤ちゃんの時」「幼稚園や保育園の時」「小学生の時」……など、成長する節目に合わせて、その時にあった印象的な出来事をコメントに入れるのが一般的です。

また、コメントは一目でわかりやすく簡潔にするのが大切。ポイントは2行以内で収めることです。

ここでは「赤ちゃんの時」のコメント例をご紹介します。

■佐藤太郎 1990年4月5日 佐藤家の次男として誕生

■赤ちゃんの頃の母にそっくり!

■太郎という名前は「強くも温かく朗らかに」という意味を込めて祖父がつけてくれた

■小さい頃から大きくご飯もよく食べる子で 永遠におかわりをする子だったようです笑

■でも おかげさまで健康に育ちました

プロフィールムービーを作る時は音楽・BGMも大事!

プロフィールムービーの映像を盛り上げるには、BGMのチョイスが重要。

より感動的なものにするには、バラードが人気です。

なかでも人気のある曲をご紹介します。

キロロ 未来へ

出典 youtube.com

福山雅治 家族になろうよ

出典 youtube.com

AI ハピネス

出典 youtube.com

プロフィールムービーの実例集

人気定番構成

出典 youtube.com

一問一答バージョン

出典 youtube.com

時代にマッチ 検索エンジン風

出典 youtube.com

【自作する方向け!】プロフィールムービーを作るおすすめソフト

無料版

Windows 10 フォト

初心者にもおすすめのソフトです。

ムービーメーカーの代替え的なもので、カット編集や文字入れなどが可能。

ただし、かなり簡易的な機能しかないので、本格的に作り込みたいという方にはおすすめできません。

アップル(Apple) iMovie

アップル社が提供している純正動画作成ソフトです。

クオリティの高い動画編集ができるので、仕上がりにこだわりたい方におすすめ。

一方で、動画編集に慣れていない方だとやや難しい一面もあります。

有料版

アドビシステムズ(Adobe) Adobe Premiere Elements 2020

Adobeのなかでもハイクラスの動画編集ソフト。

難易度の高い編集もできるので、動画編集に慣れている方におすすめです。

アップル(Apple) Final Cut Pro X

Apple純正の動画編集ソフトである「Final Cut Pro」。

Windowsでは使用できませんが、扱いやすさで人気の製品です。

プロフィールムービーは、YouTubeなどの動画編集時にも活用されています。

おわりに

結婚式のプロフィールムービーは、ゲストはもちろん、自分たちの思い出としても大切なものになります。

そのほかの準備などで忙しいとは思いますが、せっかくなので、それなりのものを作りたいですよね。

制作会社に頼むのか、自分たちで作るのか、どちらにしろ後悔のないように、いろいろ調べてみてください。