結婚式のお礼状の書き方。相手別の文例やマナーの基本

2018.12.25

幸せな結婚式が終わり、ひと息つく前に忘れてはいけない「結婚式のお礼状」。

絶対にやるべきことではありませんが、礼儀などを特に重視する方や周囲の環境によってはお礼状の送付を考えている方もいるはず。

しかし、お礼状の送付なんてそう経験はないもの。書き方や期限などの基本的なことさえ、分からないですよね。

そこで今回は結婚式のお礼状の書き方を紹介します。友人や上司、親族など、相手別の文例も載せたので、ぜひ参考にしてみてください。

まずは相手別にリストを作成しよう

結婚式が終わったら目上の方はもちろん、祝電を贈ってくれた方や友人などの参加者、家族や親族にお礼を伝えます。

お礼状を贈る際は、結婚式が無地に終わった安心感で「うっかり送り忘れた」ということがないように、事前に「いつ誰に送るのか」をリストアップしておきましょう。

結婚式後にお礼状を送る相手は、祖父母や親族、上司などの目上の人、友人や同僚、祝電を送ってくれた方が挙げられます。両親や兄弟は、直接会うか電話などで直接お礼を伝えるのが一般的です。

お礼状のマナー

タイミングよく送る

お礼状を送る際は、遅くても挙式後1ヶ月以内に送るのが理想です。

会社の上司や同僚など普段会う方は、お礼状を送る前に、直接顔を合わせてお礼を伝えるのがマナー。

特に上司などの目上の方には、会社に行った際に自分から挨拶するように心がけましょう。

また、祝電を送ってくれた方にはできれば翌日までに電話にてお礼を伝えます。

なかでも、結婚式に参列していない方には1ヶ月以内にお礼状と合わせて内祝いを贈るのがおすすめです。

文面は相手に応じて変える

結婚式のお礼状を送る際は、相手に合った文面を作成することも大切。

上司に対して友人に向けたような文面を送るのはもちろん、その反対も不自然です。

「お礼状=感謝の気持ち」が伝わるためのもの。しっかりと感謝を伝えるには、相手に合わせた文面を作成しましょう。

また、結婚式のお礼状には送る人ならではの「ひとことエピソード」を加えると、さらにGood!

“ありがとう”の気持ちをより伝えることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

相手別お礼状の文例|祖父母などの親族編

謹啓 枯らしが吹きすさぶころとなりましたが、いかがお過ごしですか。

〇〇さん(様)におかれましては、健やかにお過ごしのこととお慶び申し上げます。

先日は私たちの結婚式にご参列くださり、誠にありがとうございました。

〇〇さん(様)に久しぶりにお目にかかることができ、とても嬉しかったです。

また、結婚式の映像用の動画撮影などにもご協力いただき、感謝いたします。

結婚したとはいえ、まだ至らぬ者同士の2人です。

今後とも、末長いおつきあいのほど、よろしくお願い申し上げます。

下記に新居を構えました。お近くへ起こしの際は、新居にもぜひ遊びにいらしてください。 謹白

相手別お礼状の送り方|目上の人編

謹啓 暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしですか。

〇〇様におかれましては、ご清栄のこととお慶び申し上げます。

結婚式では挙式から披露宴までご参列いただいき、ありがとうございました。

守るべき家族もでき、これまで以上に仕事に邁進する所存です。
 
未熟な2人ではございますが、今後ともご指導ご鞭撻(べんたつ)を賜りますよう心からお願い申し上げます。

下記に新居を構えました。お近くへ起こしの際は、新居にもぜひ遊びにいらしてください。 謹白

相手別お礼状の送り方|友人や同僚編

〇〇、お元気ですか?

先日は、忙しいなか私たちの結婚式に参列してくれて、本当にありがとうございました。

学生時代を共に過ごした〇〇に祝ってもらって、とても嬉しく思います。

母も久しぶりに〇〇に会えて、喜んでいました。

さて、下記に新居を構えました。ようやく引っ越しも落ち着いたので、今度ぜひ遊びに来てね。

これからもどうぞよろしくお願いします。 草々

相手別お礼状の送り方|祝電をもらった人編

〇〇(名前)

この度は、私どもの結婚式に祝電をお送りいただき、誠にありがとうございました。

仕事に家庭に両立している〇〇からの祝電を読み、共に過ごした日々のことを想い出しました。

これからは、夫婦2人でお互いに支え合いながら、人生を歩んでいきます。

また近くまで来たときは、ぜひ我が家に立ち寄ってください。

まとめ

結婚式後のお礼状は必須マナーとは言えませんが、挙式後できるだけ早く送ることでさらに律儀な印象が伝わります。特に親戚や目上の方などは、伝統のマナーを大切にしている方もいるもの。お礼状の送付を検討している方は、ぜひチェックしてみてください。

関連キーワード

お礼状