https://weddingday.jp/mag/2019

結婚報告をラインでするのはOK?ラインで送る場合のマナーや体験談をご紹介

2021.07.02

結婚が決まり、LINEやメールなどでの結婚報告を考えているカップルは多いのではないでしょうか? ただ、LINEやメールで報告しても大丈夫なのかどうか、どんなマナーがあるのか心配になりますよね。

そこで今回は、そもそもLINEでの結婚報告はOKなのかどうかや、マナーなどを解説します。文例などもあわせてご紹介するので、これから結婚報告を控えている方は参考にしてみてください。

LINEで結婚報告するのは大丈夫?

LINEで結婚報告するのは大丈夫?
LINEでの結婚報告は”相手によっては”大丈夫です。

まず、真っ先に報告すべき家族を含めた親族には、直接報告するのがベストです。遠くに住んでいる親族には電話などで報告しましょう。目上の方などは、LINEでの結婚報告を失礼と思う方もいます。

親族への報告の方法は、関係性も考慮しながら、両親と決めるのがおすすめです。

次に、職場の上司に結婚報告することになりますが、LINEを使うのは避けましょう。直属の上司にも直接報告するのがマナーです。

また、同じ部署やフロアで働いている場合も、可能ならば直接報告しましょう。しかし、会社の人数が多い場合は、LINEを含め、社内で扱っているツールや、メールなどでの結婚報告でも構いません。ただし、報告前に上司に許可をもらってからにしましょう。

友達への結婚報告は相手との関係を考慮しつつ、LINEやメールなどでも構いません。

ラインで結婚報告する際のマナー

ラインで結婚報告する際のマナー

直接顔を合わせて結婚報告するのがベストと言えど、友達に今すぐ報告したい場合や、昨今のコロナ事情など、さまざまな事情で直接報告するのが難しい場合もあるかもしれません。

LINEで結婚報告をする場合も、マナーをしっかり確認して送信しましょう。大きく分けて3つあるのでご紹介します。

①結婚報告では浮かれすぎない
②LINEでの報告を詫びる
③送る日時に気を付ける

まず、LINEで結婚報告をする場合は、「浮かれすぎない」ということが大切です。結婚はおめでたいことですが、幸せな気分を文章で押し出してしまうと、相手に引かれたり、人によっては気分を害してしまうことも…。

結婚報告はシンプルがベスト。簡潔に結婚する旨、相手のこと、結婚式の有無などを伝えるのがスマートです。

そして、LINEでの報告になってしまった旨を謝罪する文を入れましょう。「本来なら直接報告するべきところですが、LINEで申し訳ありません。」などと一言添えるだけでも丁寧です。

また、いくら丁寧な文章でも真夜中など、非常識な時間帯に送るのは失礼にあたります。休日の昼間に送るなど、時間帯にも配慮が必要です。

LINEで結婚報告をする場合の文例4選

LINEで結婚報告をする場合の文例4選

やむを得ずLINEで結婚報告をする場合は、基本的に、先述した「スマートに結婚することを伝える」「LINEで報告することを詫びる」「送る日時に注意する」などを押さえた文章にすれば問題ありません。

そして、送信する文章は、以下の4パターンでそれぞれ変えることが必要です。

①結婚式に招待する場合
②結婚式に招待しない場合
③二次会のみに招待する場合
④結婚式をしない場合

そこで、上記4パターンに分けて結婚報告LINEの文例をご紹介します。

文頭は

「こんにちは。お元気ですか?
私事ですが、この度お付き合いしていた○○さんと結婚することになりました。苗字が○○に変わります。
本来は直接ご報告すべきですが、LINEでの報告になり申し訳ありません。」

で共通です。あくまでも文例なので、相手との関係性によって文章を少し崩したり、丁寧にしたりと、心を込めてアレンジしてみてください。

文例①|結婚式に招待する場合

20××年○月○日、□□(会場名)にて結婚式を挙げる予定です。
△△さんのご都合がよろしければ、ぜひ、ご列席いただけると嬉しいです。
詳細は後日、招待状をお送りします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

文例②|結婚式に招待しない場合

結婚式は○月に、親族のみで執り行い、二次会なども行わない予定です。

また今度お会いした時に、ゆっくりお話しさせていただけると嬉しいです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

文例③|二次会のみに招待する場合

結婚式は○月○日に身内のみで挙げる予定ですが、式の後に、二次会を行う予定です。
20××年○月○日、□□(会場名)にて行う予定なので、△△さんのご都合さえ宜しければ、ぜひご参加いただけると嬉しいです。
詳細は後日ご連絡させていただきます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

文例④|結婚式はしない場合

結婚式などは挙げず、入籍のみ行う予定です。

今度、お会いする機会をいただけると嬉しいです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

ラインで結婚報告する時の注意点

ラインで結婚報告する時の注意点

LINEで結婚報告する場合、一括送信やグループ送信などを使うと失礼だと思う方もいます。可能な限り、個人LINEで報告するのがベターです。グループLINEでの報告はなるべく避けましょう。

また、上司や親戚より先に、親しい友達にLINEで結婚報告する方も多いかもしれません。親しい友達に先に報告すること自体は問題ありませんが、友達伝いに親戚や職場など、ほかの人に伝わらないように注意が必要です。

万が一、友達伝いに結婚することがほかの人に伝わってしまった場合、「なんで直接報告してこないんだろう」と不快に思う人もいたり、友達同士で「この子には報告したのに、なぜ私には報告がないんだろう…」と不信感を感じたりして、人間関係に亀裂が入る恐れも…。

せっかくのおめでたい報告。職場や親戚、報告していない友達などには、自分から報告するまで言わないでもらうように、根回しするなどの配慮をしましょう。

LINEでの結婚報告は場合によってはOK!マナーを守ろう

LINEは手軽なツールといえど、大事な結婚報告はなるべく直接報告するのがベストです。

しかし、直接会えない、しばらく連絡を取っていなかったなどの事情がある場合や、相手との関係性によってはLINEで報告してもOKです。

ただし、丁寧かつ簡潔に報告する、LINEでの報告を詫びるなどマナーを守って送ることが大切。相手にも気持ちよく祝ってもらえるよう、配慮しながら結婚報告をしましょう。

関連キーワード

結婚報告