1.5次会の人数は何人くらい?平均人数などをご紹介

2019.07.22

最近、注目を集めている結婚式の1.5次会。

いざ自分たちが開催するとなると、どのくらいの人を呼んだらいいのか分からないもの。

そこで今回は、1.5次会に呼ぶゲストの人数についてお伝えします。

1.5次会の平均人数ってどのくらい?

一般的な結婚式や二次会などに呼ぶゲストの人数は、50~90人未満が多く、平均にすると60名程度と言われています。

それに対し、パーティーの形式が自由な1.5次会は人数もさまざま。

例えば、親族のみで行う場合は20名程度、新郎新婦それぞれの親しい友人も招くのであれば40名程度が一般的。

そのほか親族や友人、職場関係の人など大勢を招待するのであれば100名以上になることもありまず。

そのため、平均人数を参考にするよりは「どんなパーティーにしたいか」ということを決めてから、1.5次会の準備をはじめるのがおすすめです。

新郎と新婦の呼ぶ人数は合わせた方が良い?

新郎側と新婦側のゲストの人数に大きな偏りがあると、少ない側のゲストが肩身の狭い思いをすることもあります。

そのため、結婚式と同じく1.5次会に呼ぶ人数もできるだけ合わせた方が無難です。

しかし、多少の前後はもちろんOK。

無理に本来なら呼ぶ必要がない人を誘ってしまうと、反対に失礼になるので気をつけてください。

仮にどうしても新郎新婦のどちらかに偏ってしまう場合は、パーティー中に声をかけるなど、気遣いをするようにしましょう。

1.5次会ではどこまでの人を呼ぶ?

親族やお世話になった上司なども参加する「披露宴に近いスタイル」もあれば、親しい友人のみが参加する「二次会に近いスタイル」の1.5次会もあります。

そのため、1.5次会にどこまでの人を呼ぶかを決めるときは、パーティーを「披露宴に近いスタイル」にするか「二次会に近いスタイル」にするかを考えるのがポイント。

1.5次会にどこまでの人を呼ぶかに決まりはないので、新郎新婦のイメージするパーティーによって決めるのがベターです。

ゲストの人数が多い場合(60〜70人)

メリット・デメリット

ゲストの人数が多いほど、パーティーが賑やかになるのはもちろん、コスト面でも大人数になるほど抑えられる傾向にあります。

人数が多いと、立食や大皿で食べ物を出すことも多く、着席スタイルよりもリーズナブルです。

一方で、招待状の作成やプチギフトの用意など、手間がかかるのはデメリット。

また、人数が多いとパーティーに来てくれたゲスト一人ひとりと話す時間があまり取れないこともあります。

1.5次会の内容

ゲストの数が多い場合はゲスト同士で話しが盛り上がることも多いため、歓談の時間を多めに取るのがおすすめ。

ゲームをする場合は、ビンゴなど大勢で盛り上がれるものが人気です。

ただし、景品を用意する手間やコストがかかるのは念頭に置いておきましょう。

1.5次会の会場

60〜70人程の多めの人数を呼ぶ場合は、大人数を収容できるホテルや結婚式場などがおすすめです。

その場合、日程に余裕を持って予約することが大切。

特に人気の会場や月によっては予約が難しいこともあるので、注意しましょう。

ゲストの人数が少ない場合(20〜30人)

メリット・デメリット

呼ぶゲストの人数が少ない場合は、ゲストとの距離が近いことがメリット。

歓談の時間などで一人ひとりに気を配りやすいだけでなく、食事面にお金をかけられるのもポイントです。

一方で集金できる会費の総額は少なくなります。

大人数のパーティーと比べると、自己負担額は少し高くなる可能性があるのはデメリットです。

1.5次会の内容

パーティーに参加する人が少ないと、盛り上がりという面では欠けることもあります。

そのため歓談の時間よりも、余興や演出などの時間を多めに設定するのがおすすめ。

大型モニターが設置されている会場なら、ムービーを作って流すのもアリですね。

1.5次会の会場

20〜30人程の少人数であれば、会場はカフェやレストランがおすすめ。

また、料理にこだわりのある会場も人気です。

ホテルや結婚式場は大人数向けに作られていることが多いので、少人数で行うと少しさみしく感じることもあるので、会場の広さに招待数が合っているかもチェックしてみてください。

ゲストの人数がかなり多い場合(80〜100人)

メリット・デメリット

ゲストの数が100名程度の大人数の場合は、70名程と同様にパーティーが盛り上がるのがメリット。

ゲスト同士が交流できる機会も多いので、歓談の時間を多めに取るのがおすすめです。

一方で、招待用など準備に手間がかかるのはもちろん、一人ひとりのゲストとじっくり話す機会は減ります。

1.5次会の内容

100人以上の大人数を1.5次会に呼ぶ場合は、結婚式の準備を新郎新婦だけで行うのは大変です。

友人や知人に協力してもらう方が多いですが、その分楽しいパーティーになる可能性は高め。

演出や余興などは、日数をかけて準備しましょう。

また、多くの人としっかり会話できないことが想定できるため、パーティー当日以外でお礼状を送るなど、フォローをするようにしましょう。

1.5次会の会場

100人程度の大人数を呼ぶ場合、結婚式場やホテルのバンケット、大きなレストランを貸し切るのがおすすめです。

まとめ

結婚式よりも自由に開催できる1.5次会。

会場やパーティーの内容を自分たち好みにしやすいのはもちろん、呼ぶゲストの人数も好きに設定できるのも魅力です。

ゲストの人数は常識にとらわれなくてもいいので、まずは自分たちがどんなパーティーにしたいかを考慮したうえで決めるのがおすすめです。

関連キーワード

1.5次会